沖縄360°VR動画:疑似体験-沖縄史跡-知念城跡
動画について

撮影した時間について

7時ごろ

撮影した場所について

沖縄県南城市知念知念

東西に連なる二つの郭からなり、東側を古城、西側を新城と呼んでいます。古城部分の城壁は自然石を高さ1.5m~2mの野面積みに、新城部分は切石をあいかた積みにしたもので、二つのアーチ門を備えています。  

城の創建については不明ですが、古い時代のグスクとみられています。城内には、国王や聞得大君(きこえおおぎみ)が「東御廻り(アガリウマーイ・東方の拝所巡礼)」の時に参詣した拝所「友利御嶽(ともりウタキ)」や、瓦葺きの火の神(ヒヌカン)の社殿があります。1893年までは知念(ちねん)間切の番所(役所)が置かれていました。

撮影場所の詳細

沖縄県南城市知念知念

ここに地図が表示されます